ライティングデザイナーズクラブオブジャパン(LDC-J)の活動記録です。

2008年4月

Timeline Heading 1

ライティングデザイナーズクラブオブジャパン(LDC-J)発足。
沢田祐二が、代表に選任される。

2008年4月
2008年5月

Timeline Heading 2

服部 基が、第27回日本照明家協会賞・文部科学大臣賞大賞を受賞。

2008年5月
2008年7月

Timeline Heading 3

第1回シンポジウム「劇的なる光を求めて」を開催。
<シンポジウム概要>
第1部「最先端の演出家たちが照明家に求めるもの」
第2部「いま、照明デザイナーたちが挑戦していること」
第3部「舞台美術家VS照明デザイナー その目指すもの」

2008年7月
2008年9月

Timeline Heading 4

愛知県文化振興事業団主催
舞台芸術により親しむための連続講座 第3回
光が創る『ファルスタッフ』において、
沢田祐二が、ワークショップを行う。

2008年9月
2009年2月

Timeline Heading 5

中川隆一が、第16回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。

2009年2月
2009年4月

Timeline Heading

定期総会。

2009年4月
2009年6月

Timeline Heading

第2回シンポジウム「劇的なる光を求めて」を開催。
<シンポジウム概要>
第1部「照明デザイナーが最新の器材を検証する」
第2部「一つの作品を二人の照明デザイナーが挑む」
第3部「演出家の視点・照明デザイナーの視点」
特別ワークショップ「あかりの魅力」

LDC-J ジャーナル 第2号発行。

2009年6月
2009年12月

Timeline Heading

LDC-J ジャーナル 第3号発行。

2009年12月
2010年2月

Timeline Heading

服部 基が、第17回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。

2010年2月
2010年1月~3月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2010年1月~3月
2010年4月

Timeline Heading

定期総会。

2010年4月
2010年5月

Timeline Heading

寺田義雄が、第29回日本照明家協会賞・文部科学大臣賞大賞を受賞。

西川佳孝が、第29回日本照明家協会賞・優秀賞を受賞。

2010年5月
2010年6月

Timeline Heading

第3回シンポジウム「劇的なる光を求めて」を開催。
<シンポジウム概要>
第1部「照明デザイナーが最新の器材を検証する」
第2部「一つの作品を二人の照明デザイナーが挑む」
第3部「舞台美術家VS照明デザイナー」
特別ワークショップ「あかりの魅力」

LDC-J ジャーナル 第4号発行。

2010年6月
2010年12月

Timeline Heading

LDC-J ジャーナル 第5号発行。

2010年12月
2011年2月~3月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2011年2月~3月
2011年2月

Timeline Heading

小川幾雄が、第18回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。

沢田祐二が、第18回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。

2011年2月
2011年3月

Timeline Heading

北九州芸術劇場提携事業「LDC-J シンポジウム・ワークショップ in 北九州」を開催。

2011年3月
2011年4月

Timeline Heading

定期総会。

勝柴次朗が、代表に選任される。

2011年4月
2011年5月

Timeline Heading

成瀬一裕が、第30回日本照明家協会賞・優秀賞を受賞。

2011年5月
2011年7月

Timeline Heading

2011年7月
第4回シンポジウム「劇的なる光を求めて」を開催。
<シンポジウム概要>
第1部「照明デザイナーがLEDを検証する」
第2部「一つの作品を二人の照明デザイナーが挑む」
第3部「演出家を囲んで」本音バトル

LDC-J ジャーナル 第6号発行。

2011年7月
2011年12月

Timeline Heading

LDC-J ジャーナル 第7号発行。

2011年12月
2012年1月~3月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2012年1月~3月
2012年2月

Timeline Heading

原田 保が、第19回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。

2012年2月
2012年4月

Timeline Heading

定期総会。

2012年4月
2012年6月

Timeline Heading

第5回シンポジウム「劇的なる光を求めて」を開催。
<シンポジウム概要>
第1部「照明デザイナーがレーザーを検証する」
第2部「一つの作品を二人の照明デザイナーが挑む」
第3部「三谷幸喜 舞台を語る」

LDC-J ジャーナル 第8号発行。

2012年6月
2012年12月

Timeline Heading

LDC-J ジャーナル 第9号発行。

2012年12月
2013年1月~2月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2013年1月~2月
2013年2月

Timeline Heading

沢田祐二が、第20回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。

2013年2月
2013年2月

Timeline Heading

あうるすぽっと舞台技術講座において、メンバーが講師を務める。

2013年2月
2013年4月

Timeline Heading

定期総会。

2013年4月
2013年6月

Timeline Heading

第6回シンポジウム「劇的なる光を求めて」を開催。
<シンポジウム内容>
第1部「照明デザインの美しさを解体する」
第2部「一つの作品を二人のデザイナーが挑む」
第3部「いのうえひでのり の世界」

LDC-J ジャーナル 第10号発行。

2013年6月
2013年12月

Timeline Heading

LDC-J ジャーナル 第11号発行。

2013年12月
2014年1月~2月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2014年1月~2月
2014年4月

Timeline Heading

定期総会。

2014年4月
2014年5月

Timeline Heading

西川佳孝が、第33回日本照明家協会賞・文部科学大臣賞大賞を受賞。

2014年5月
2014年6月

Timeline Heading

第7回シンポジウム「劇的なる光を求めて」を開催。
<シンポジウム内容>
「一つの作品を二人のデザイナーが挑む」

LDC-J ジャーナル 第12号発行。

2014年6月
2014年12月

Timeline Heading

LDC-J ジャーナル 第13号発行。

2014年12月
2015年1月~2月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2015年1月~2月
2015年2月

Timeline Heading

シンポジウム「劇的なる光を求めて」関西 を開催。
<シンポジウム内容>
第1部「一つの作品を二人のデザイナーが挑む」
第2部「本音バトル 振付作品を生かすも殺すも照明しだい!?」

2015年2月
2015年4月

Timeline Heading

定期総会。

2015年4月
2015年9月

Timeline Heading

第8回シンポジウム「劇的なる光を求めて」を開催。
<シンポジウム内容>
「一つの作品を二人のデザイナーが挑む」
 『ロミオとジュリエット』より

LDC-J ジャーナル 第14号発行。

2015年9月
2015年12月

Timeline Heading

LDC-J ジャーナル 第15号発行。

2015年12月
2016年1月~2月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2016年1月~2月
2016年4月

Timeline Heading

定期総会。

2016年4月
2017年1月

Timeline Heading

日本大学芸術学部中ホールにて勉強会を開催。
「映像を使用した照明デザインの検証」 
「一つの作品を三人のデザイナーがデザインする」

LDC-J ジャーナル 第16号発行。

2017年1月
2017年1月~2月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2017年1月~2月
2017年2月

Timeline Heading

沢田祐二が、第24回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。

原田 保が、第24回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。

2017年2月
2017年4月

Timeline Heading

定期総会。

原田 保が、代表に選任される。

2017年4月
2017年5月

Timeline Heading

日下靖順が、第36回日本照明家協会賞・優秀賞を受賞。

2017年5月
2017年11月

Timeline Heading

LDC-J ジャーナル 第17号発行。

2017年11月
2018年1月

Timeline Heading

日本大学芸術学部中ホールにてワークショップを開催。 
「一つの作品を三人のデザイナーがデザインする」

2018年1月
2018年1月~2月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2018年1月~2月
2018年4月

Timeline Heading

定期総会。

2018年4月
2018年8月

Timeline Heading

LDC-J ジャーナル 第18号発行。

2018年8月
2019年1月

Timeline Heading

座・高円寺にてワークショップを開催。 
「一つの作品を三人のデザイナーがデザインする」

2019年1月
2019年1月~2月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2019年1月~2月
2019年4月

Timeline Heading

定期総会。

2019年4月
2019年5月

Timeline Heading

原田 保が、第38回日本照明家協会賞・文部科学大臣賞大賞を受賞。

佐藤 啓が、第38回日本照明家協会賞・優秀賞を受賞。

2019年5月
2020年1月

Timeline Heading

LDC-J ジャーナル 第19号発行。

2020年1月
2020年1月

Timeline Heading

座・高円寺にてワークショップを開催。 
「一つの作品を三人のデザイナーがデザインする」

2020年1月
2020年2月

Timeline Heading

服部 基が、第27回読売演劇大賞・最優秀スタッフ賞を受賞。

笠原俊幸が、第27回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。

2020年2月
2021年2月

Timeline Heading

齋藤茂男が、第28回読売演劇大賞・最優秀賞スタッフ賞を受賞。

2021年2月
2021年4月

Timeline Heading

定期総会。

2021年4月
2022年1月~2月

Timeline Heading

座・高円寺「劇場創造アカデミー」劇場技術論基礎Ⅱ講座において、メンバーが講師を務める。

2022年1月~2月
2022年2月

Timeline Heading

松本大介が、第29回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。

2022年2月
2022年4月

Timeline Heading

座・高円寺にてワークショップを開催。
「一つの作品を三人のデザイナーがデザインする」

2022年4月
2022年5月

Timeline Heading

定期総会。

大島祐夫が、代表に選任される。

2022年5月
メンバー

ライティングデザイナーズクラブオブジャパン(LDC-J)のメンバーの紹介ページです。

詳細はこちら